1年

あれから1年。

 

去年は、帰れないのでまだ改装中のお店に泊まろうとここに来ました。

 

今日はそのお店でお仕事。

 

いろいろ迷った1年でした。

 

仙台の友人たちが大変な暮らしを送る中で、

 

自分は雑貨屋を開く。

 

などと、暢気な事をしていていいのかな?とか。

 

でも、進むしかないので、進みました。

 

お店を開いて、東北に散らばる同級生たちともまた連絡が取れたり、

 

私を通じて他の人の安否が伝わったりしたので、

 

たぶんこれで良かったんだと思います。 

 

 

 

 

今日は営業中でしたが、人が来ないのでUSTREAMで追悼式を見てました。

 

 

原爆の被害を語り継げられる人が減りゆく中で、

 

原発の問題が起こったという事は、

 

原子力について語り継いでいくのは、きっと日本人の使命になって行くのだろうな。  

 

 

それにしては私は無知すぎるので、

 

少しずつ勉強していかねばなりませんが。

 

 

 

最近の特番をみると、自分も昔の震災の被災者遺族であることで

 

いろいろ重ねて思い出してしまうわけですが、

 

私はその時、人はそんな時でも笑う。ということと、

 

死というものがいつ来てもおかしくない事だと知ったのでした。

 

そして、自分の生きていく上での役割があるのかを探し続けて

 

迷いながら現在にたどりつくのです。

 

でも、今が答えだと思ってないので、

 

これからも変わっていくのだろうけど。

 

 

 

あまり考えると感傷的になっていくので、今日はこの辺で。

 

 

 

震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

 

そして、始まったばかりの復興に協力していけるように。

 

本当に、祈ってるだけでは何も始まらない。

 

あとは、動くのみ。